観劇・旅行・日々のこと


by nao201009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

太平洋序曲 

NY初演は1976年ですか。
この時期のソンドハイムの創作意欲ってすごい。
といっても興行的に成功とはいえない作品だったでしょうけど、それは無理もないですね。
「日本開国」という史実に基づいて、ここまで完全に日本の立場で書かれた作品だったなんて…そりゃあアメリカ人にとっては興味の対象にはならないでしょうねぇ。

当時の、彼らの「日本人に対する認識」で演出された舞台。どんなだったんでしょうね~。ちょっと怖いもの見たさで観てみたいかも。
でも、それはあくまでも演出だけの事で、音楽性とか脚本的には「日本人」に対してとても真摯に取り組んでくれていたんだなぁ、という事がわかります。
それが亜門さんによって「アメリカ人が作った事がわかる」程度の微妙な違和感で仕上げられている感じ。絶妙です。
各国の士官をデフォルメしているのは亜門版オリジナルかな?ちょっと仕返し?(笑)

面白かったし泣けた。つまり、よかったーー!!
とにかく劇場の空間全体を利用するような演出が斬新。
黒船来航の場面なんてゾクゾクしちゃった。客席中央を貫く花道も。
水面に浮いてるような舞台も。(島国ニホンですからね)

曲も良かったです。
「帰り待つ鳥」かな?香山(八嶋さん)の着付けを奥さんが手伝うシーンで…いいシーンだったなぁ。あれは日本人にしか表現できないと思ってしまいました。
2幕の「A Bowler Hat」も。いかにもソンドハイムという感じ。心情がそのまま曲になるという。

ストーリーも、香山と万次郎の関係があんなふうに変わってしまうなんて(もちろん史実とは違うけど)
激動の時代、大きなうねりの中で誰もが必死に日本の将来を考えて生き抜こうとした結果の悲劇なんだろうな。あぁ。泣けた。
これをアメリカ人が(しかもソンドハイムが)書いたのかと思うとよけいに泣けた!

ラストの「Next」は…この曲も1976年初演当時からあったんですよね?やっぱりすごい。
このラストは、きっと再演されるごとに、その時代を生きる人々の想いが込められて歌いつがれていくためのナンバーですね。
この作品がBroadwayで葬りさられたままにならなくてよかった。今の日本で演じられてよかった。


最後に。
2階席から見てたのですが、この舞台ってオケが舞台の両ななめ上(舞台至近のBox席みたいな)にあるんですね。
コンダクターの方がもしかして…と思ったら!やっぱりレミコンを振ったDavidさんだー☆♪★
4年前に10周年コンサートのDVDを観た時からお気に入りだったのです。昨年の25周年コンサートでも登場してくれて感無量だったのだけど、まさか生で観れるなんて。
決めた、来週また観る!
[PR]
by nao201009 | 2011-06-26 00:13 | 観劇記録(国内)